外国人研修生権利ネットワーク・福井

アクセスカウンタ

zoom RSS 松栄ソーイング−実習生の証言1

<<   作成日時 : 2009/03/09 22:04   >>

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

実習生Cの証言 2009.3/5

私は2006年7月4日、縫製の研修生として来日しました。

福井県縫製産業協同組合による日本語研修を経て、06年7月27日より敦賀市内にある松栄ソーイングで09年1月31日まで働いていました。

中国で日本語の先生から「日本人は皆、忍耐強く心優しい人達であり、なにも心配することはない」と言われ、大きな希望を持って来日しました。

しかし、私達を待っていたのは社長(青池志津子)によるかん高く大声での「あほ、馬鹿、ぼけ、嘘つけ、どんくさい、貧乏人」などの罵りであり、なにかというと「帰国させる」という脅しでした。

それは仕事中であろうと休日であろうと関係なく、ほとんど毎日の様に誰かが、あるいは全員に降り掛かる災難でした。時には手、腕、肩、背中などを力一杯叩かれる(:肌に跡が残るくらいの強さ)こともありました。

社長は「大声で話すのは日本語を聞いてわかるようにする為、罵ったり、ぶったりするのはあなた達をよくする為」と言っていますが、とても受け入れられません。

私が怒られなくても、誰かが怒られているのを聞いているだけで私は頭が痛くなり、恐怖で両足の力が抜けて、立っていられなくなります。

私達には人格があり尊厳があります。しかし、社長はそれらを全く否定し、私達は奴隷のように社長の言動を受け入れるしかありません。

会社には中国語を話せる日本人はいません。もちろん社長も中国語は出来ません。その為、仕事中は中国語は禁止です。

私達は日本語は良くわかりません。社長が何に対して怒っているのか、わからないことも多くあります。そんな時、私達が質問したり、ささやかな反論を試みると、今度はそれに対して激怒します。その為、黙っているとまた怒るのです。

仕事のことはみんな社長が手配します。しかし、社長は自分の言ったことをすぐ忘れます。社長が言ったとおりにやって失敗しても、みんな私達の責任になり、強く咎められます。

仕事中にトイレに行くことは時間のロスだとして、禁止されています。皆、我慢していますがやむを得ず、トイレに行くと「病気だ。薬を飲め」などのいやがらせを言われ続けます。(社長は人を非難する時、なんの脈絡もなく「病気だ」と決めつけるのが口ぐせです)。

おかゆを食べるのは中国人の習慣で、個人の好みです。しかし、社長は「おかゆは病人の食べるもの」と言って食べることを許しません。一度食べているのを見られた時、「おまえは病人だ。病院へ行け」といって長い時間罵られました。

私たちは工場の2階にある寮に6人で1部屋と3人で1部屋の2つの部屋で住んでいます。多人数が一緒なのでプライバシーもなく、心身共に十分に休むことは出来ません。

その上、社長は同じ2階の1部屋に住んでいて、休みの日も顔をあわすことが多く、そのたびに非難されたり、指図され、私たちにとって休日であっても心休まることがありません。

また、部屋に冷暖房機はありますが、夏も冬も使用禁止です。その代り、夏は社長がベッドを部屋の真中に移動し、窓や周辺の戸を全部外し「これで自然の風がくる」「自然の風が1番」というのです。斜め向かいの家からは丸見えで、プライバシーもありません。また、ドアがないので不安もあります。しかし、社長は全く気にもしません。もちろん暑さには変わりなく、夜になっても寝付けません。その為、ある者は床の上に寝ています。

冬は他に暖房器具はなく、とても寒く、寝ていても寒さで目が覚めます。

こうして、夏も冬も熟睡は出来ず、睡眠時間は少ないのです。

ここで受けている様々なひどい仕打ちを中国の家族が知れば、すごく心配するでしょう。だから、家族に言うこともできません。

先輩は「我慢しなさい。誰もがぶたれ罵られているのよ。今、帰国したら、保証金は戻らないし、担保の家も取り上げられてしまうでしょう」と言います。私もその通りだと思い、我慢し続けて来ました。

一方、中国派遣会社の蔡宇には私達の苦境を何回も電話で訴えました。また、福井市にある協同組合へ直接、訴えに行った先輩もいます。

しかし、彼らの返事はいつも「会社へいきます」「我慢してください」というだけで、会社にも来ないし、なんの解決もしてくれませんでした。

1月30日夜、社長の息子であり、クラスターの社長である青池博史は私たち6名の(実習・研修生)を集め、会議を開きました。その場には協同組合の平田、中国派遣会社の蔡宇も出席していました。2人はAさんがこの日、労基署に訴えたことから会社に来たのです。

青池博史は「これからは国の規定に基づいて残業代を払う、またこれまでの足りない残業代は支払う」と言いました。

また、「母(青池志津子)は性格が良くなく、年を取っており、頭も固い。いつもそんなに怒るなということを言い聞かせている。今後はいままでのようなことは無いようにする」と言いました。私たちはこれで社長も、少しは言動を慎むだろうと思いました。

しかし、翌朝その期待は裏切られました。社長の私たちに対する姿勢は全く変わっていませんでした。仕事中も「貧乏人、厚かましい」などといって口汚く罵り続けました。私は社長が30日夜の約束を守らないことを確信しました。そして、これ以上、社長のもとでは働き続けることはできないと思い、私はBと共に福井へ行くことにしました。

翌朝、研修生を含む4人から「お金は要らない。早く帰国したいから自分逹も行く」と言い、計6名で福井のネットを訪ね、支援を求めました。

現在、社長の言動がパワーハラスメントであり、人権侵害であるとして福井労働局に「斡旋」の申請を、福井弁護士会に「人権救済の申立て」を行っています。

私はこれらのことが解決するまで、安心して会社に戻ることはできません。 なぜ、協同組合や送り出し団体・派遣会社は解決の為、動いてくれないのでしょう。

                                  以上

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
松栄ソーイング−実習生の証言1 外国人研修生権利ネットワーク・福井/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる